保険診療による

マイクロスコープ

精密根管治療

が可能です。

歯の神経(歯髄)の治療「根管治療」で
大切なじぶんの歯を残せる治療を。
治療中1 治療中2

「歯」も生きています。
そして、じぶんの「歯」だからこそ大切にしたいものです。

歯髄画像

根管治療とは

根管治療は「歯髄(しずい)(歯の神経)」まで達した状態のむし歯の治療です。
歯髄は表面のエナメル質、そしてその内側の象牙質の中心部分にあります。

歯髄まで達したむし歯は痛みを伴い、放置するとどんどん悪化してしまいますので、治療しなければなりません。
治療内容としては、歯の神経を取り除き、その根管をしっかり洗浄・除菌し、薬剤を詰めて被せ物をしていく治療になりますが、症状によっては神経を残す治療も行います。
根管治療は歯の神経部分ともなる根管を削る治療ですので繊細な技術が必要となります。
しっかりとした根管治療が行われれば歯を残したままで機能を取り戻すことができます。

歯髄について

当院は保険診療による
マイクロスコープ
「精密根管治療」が可能です。

マイクロスコープ(歯科顕微鏡)を
使った根管治療

根管治療は、治療した歯髄がしっかり洗浄されていなかったり、薬剤が残っていると、また細菌に感染してしまう可能性があります。当院では歯科顕微鏡(マイクロスコープ)を使用し、根管のより細かな部分まで確認しながらしっかりと治療を行っていきます。

マイクロスコープは、数十倍の高倍率まで拡大できるため、目に見えなかった部分の治療が可能ですが、他院においては自費診療となる場合もあります。当院は日本歯科保存学会認定医・歯学博士である医師が適切に治療を行ないます。

歯の根っこ治療(根管治療)

歯を抜くしかない
と促されたことは
ありませんか?

じぶんの歯だからこそ大切に

歯を抜いてしまう事を「抜歯」といいいますが、今までじぶんの身体の一部として使ってきた歯が、たとえ1本でもなくなってしまうのはやはりあまり気が進まないというのは正直なところです。それが1本でなく、2本・3本となればなおさらです。
当院では歯を抜く事は「最終手段」して、患者さまの症状をみながら適切に治療していきます。

できるだけ神経(歯髄)を残す

根管治療は「歯内療法」とも言われますが、歯の神経を取る治療だけではありません。
症状によっては歯を残すための治療も行います。
歯の状況をしっかりと見極め、患者さまとも相談しながら適切な処置を行っていきます。

ラバーダム防湿

細菌の感染を防ぐラバーダム防湿

根管治療では、根管内へ唾液中の細菌が侵入しないように治療する部位の周囲をラバーダムという専用の歯科用の医療ゴムシート材料で覆い、根管内の細菌汚染を防ぎ治療を行っていきます。
「ラバーダム防湿」といい、海外では比較的多く行われていますが、近年、日本でも行われるようになった治療方法です。他院によっては自費診療となりますが、当院では保険適用にて行っています。

パノラマX線装置

歯科用CTによる
立体的な3次元撮影が可能

根管治療の診断にはレントゲン撮影によって詳細な状況を把握していきます。当院のCT/セファロ装置はより少ないX線照射線量で撮影できる3D撮影が可能なパノラマX線装置です。パノラマ撮影、セファロ撮影、3D(CT)撮影が可能で、局所領域の撮影から3D画像まで鮮鋭な画像により、多角的な診断に役立ちます。

にこ歯科医院 にこ歯科医院親知らず専門サイト にこ歯科医院矯正歯科専門サイト
にこ歯科医院 根管治療専門サイト

〒503-2426 
岐阜県揖斐郡池田町八幡1583-1(勝野書店隣)

診療時間 日祝
9:00~13:00
15:00~19:00

休診日 日曜・祝日   14:00〜17:00

このページの上へ